(蓄電池の充放電設定について、これまではひとつの設定しか適用できませんでしたが、2022/07/13より、特定の月に異なる設定を適用できるようになりました。)

例えば、次のようなケースを考えます。

7, 8月の昼間の使用量が突出して高く、それ以外の月は大きなピークもなく、低い使用量で安定しているような状態です。

電気の基本料金を抑えるために、PV導入後のピーク(123.3kW) を 94kWに抑えるように蓄電池シミュレーションを行うと、電気料金削減率は 22.8 →30.6 %にアップするものの、7, 8月以外の月はピークシフトの必要がないため、太陽光の余剰があっても蓄電池がほとんど活用されていません。

そこで、太陽光余剰を最大限に活用して自家消費率を上げようと、放電時間を最大限に設定し、系統からの充電をしない設定でシミュレーションすると、自家消費率は 31.9 → 41.9% にアップしますが、今度は買電量のピーク値が目標ピーク値を超えてしまい、電気料金削減率も前のケースよりも下がっています。(今回、時間帯別ではない料金プランでシミュレーションしているため、系統からの充電をしないように設定していますが、もし時間帯別の料金プランであれば、系統からの充電時間を設定して、夜間の安い電力を活用することで、目標ピーク値を超過しても電気料金削減率自体は向上することがあります。)

そこで、"特定月の蓄電池設定" をクリックし、このシミュレーションの 7, 8月のみ蓄電池放電時間の設定を最初の設定に変更します。

この設定でシミュレーションを実行すると、買電量のピーク値が 目標ピーク値で抑えられ、自家消費率も 31.9 → 41.8%(前のケースよりは若干下がっています)、電気料金削減率も 37.4%に向上しています。

このように月ごとの使用状況によって、蓄電池の充放電設定を変えることで、より高い効果を出すことができる場合がありますので、ご活用ください。

回答が見つかりましたか?