入力した診断する世帯の太陽光発電量(kWh)、電力使用量(kWh)、電気の使い方(朝型・昼型・夜型等)、および電気料金プランなどの組み合わせによっては蓄電池単体の経済効果がマイナスとなる場合がございます。

たとえば、入力された消費電力(kWh)と太陽光発電量(kWh)の場合、蓄電池で活用できる余剰電力が極小のため、経済効果より蓄電池を維持するコスト(待機電気消費量を加味)の方が高くなるためマイナスとなるケースがございます。

▼解消方法

以下の入力値を変えることで、マイナスが解消されるケースがあります。お試しくださいませ。

①想定の電気消費量(kWh)を増やす。

②想定の太陽光発電量(kWh)を増やす。

③蓄電池の充放電の時間帯を、契約(または提案する)電気料金プランの安価な時間帯にあわせて調整する

④蓄電池製品の容量を変更する(より小さくしてみる等)

回答が見つかりましたか?