エネがえるの電気料金プラン診断をする際、以下2点にご注意ください。


以下のうち1)はエネがえるの仕様上の課題となり、2)は22年冬以降の電力業界における経営リスクに基づく注意事項となります。

1)エネがえるの料金プラン提示について


お願い事項・・・エネがえるの電気料金プラン診断結果では、「各種加入条件は加味されていない」ため提案前に必ず各プランの加入条件をチェックしてください。

・現状のエネがえる仕様では、ご入力いただいた条件により、試算された導入設備において最安値となる電気料金(経済効果が最大)を表示しております。


・たとえば「非オール電化住宅の場合は加入NG」や「蓄電池設置の場合はNG」など細かな加入条件が電力事業者・料金プラン毎に設定されているケースがありますが、エネがえる側のDBではそういった条件分岐をチェックしておりません。

→複数事業者様から、加入条件も加味した最適プラン表示やランキング表示のご要望をいただいておりますが、短期的には膨大なマスタDB更新があるため対応できません。次期バージョン開発時にはこの点考慮したデータベース設計をする予定です。

→そのため当面、お手数をおかけしますが、提案前に必ず「提案予定の電力会社のWebサイトやコールセンターにて加入条件のチェック」をお願いいたします。

2)2022年1月以降の電力卸単価高騰、燃料費高騰等による電力切替提案のリスク


上記と同時に、昨今の電力卸単価(JEPX単価)高騰、燃料費高騰などにより、新電力の経営破綻、事業停止、新規加入停止など日々ニュースに新電力のニュースが流れてきております。

エネがえるでは、月1回大手10電力及び新電力の上位約100社3,000プランの料金プラン単価や燃料調整費を確認、メンテナンスしております。再エネ賦課金は年1回決定のタイミングで更新しております。

ただし、新電力側の新規サービス受付停止や事業停止、経営破綻などメンテナンスしきれない状況や、あるいは1)の事由で「本来は新規サービス停止している電力会社や料金プラン」がエネがえるの最適料金プランとして提示されてしまうケース、リスクがございます。

こちらも1)のケースと同様にお手数をおかけしますが、提案前に必ず「提案予定の電力会社のWebサイトやコールセンターにて加入条件のチェック」をお願いいたします。

▼2022年3月28日時点で経営破綻、事業停止、新規サービス受付停止をしている新電力


※あくまでも参考情報となります。各社HPで正確な情報を入手ください。

以下のうちホープエナジー、ウエスト電力は高圧系のためエネがえるに登録しておりません。
エルピオ、サニックスでんき、楽天でんき、シン・エナジー、TRENDEあしたでんきは、エネがえるの電気料金プランDBに登録されており、最適プランで表示されるケースもございます。

各社HPにて新規受付再開有無など提案前のチェックをお願いいたします。


●電力小売事業停止または廃止

ホープエナジー(2022/3/22破産手続き申し立て手続き開始を発表)

エルピオ(2022/4/30事業停止を発表) ※3/18に新規受付停止済

ウエスト電力(2022/3/25電力小売事業から撤退を発表)

●新規申し込み受付の一時停止(※受付再開は各社のHPで随時確認ください)

サニックスでんき(2021/12/8):対象)低圧個人向けサービス

楽天でんき(2022/3/4):対象)楽天でんき・楽天でんきBusiness

シン・エナジー(2022/3/17):対象)低圧向け電力サービス

MCリテールエナジーまちエネ(2022/3/17):対象)まちエネ

TRENDEあしたでんき(2022/3/25):対象)あしたでんき
Looopでんき(2022/4/1):対象)Looopでんき(低圧)

※その他にも随時リリースされていると思います。

※熊本電力(2022/3/24) ※別の会社へ事業移管のニュースあり

※情報は2022年3月28日時点のもの。随時更新いたします。

※その他、エネがえる未登録の電力会社などの情報は以下の参考サイトをご参照ください。

▼以下は、電気代高騰に関する参考情報です。

・3月25・26日時点で新規申込み受付を停止、あるいは既に事業撤退を決めた新電力リスト

https://power-hikaku.info/news/electricitybusiness/20220327stop/

・【2022年】電気代高騰はいつまで続くのか予想してみる

https://power-hikaku.info/column/2022reise.php



回答が見つかりましたか?