エネがえるの入力時のエラーチェックが不十分で、内部のAPI実行後にAPIのエラーメッセージが直接表示される場合があります。その場合、不足または不正なパラメータとして、APIのパラメータ名がそのまま表示されます。APIのパラメータ名と画面での入力項目(その他)との関連は次の通りですので、問題判別のご参考としていただければと思います。

回答が見つかりましたか?