エネがえるBiz(β版)のサービス資料はこちらです。

サービス概要、特徴、機能一覧、料金表、Web画面イメージ・出力レポート仕様などご参照いただけます。随時進化中ですので詳しくはお問い合わせください。

●産業用自家消費 経済効果シミュレーター「エネがえるBiz」サービス資料

▼無料β版提供中。2022年4月正式リリース予定
エネがえるBiz(無料クローズドβ版)登録フォーム
https://form.run/@enegaerubiz-beta
※22年3月15日まで先行予約ローンチカスタマー30社先着募集

▼できること
①30分値デマンドデータCSVインポート
②グラフ付きExcelレポート自動作成・ダウンロード
③月の消費量を1時間毎365日分の電力消費量(kWh)へ分解・計算
④発電量・自家消費量・余剰量(kWh)と率(%)の推計。余剰量をチェックしながら最適な太陽光パネル容量(kW)、蓄電池出力(kW)・容量(kWh)をチェック。
⑤蓄電池の導入効果診断(PV余剰充電、ピークカット効果等)
⑥大手10電力の高圧・特高プラン単価または、事前マスタに登録した料金単価(基本料・従量)で自家消費(または自家消費+蓄電池)の経済効果を推計
⑦各種診断結果の保存・編集・削除など

●エネがえるBiz操作イメージの解説動画はこちらからご覧ください。

https://youtu.be/wZmQXju5W0A

回答が見つかりましたか?