例えば、東京電力エナジーパートナー様の

「6,000V 業務用季節別時間帯別電力 容量500kW未満」にあたるような料金プラン (https://www.tepco.co.jp/ep/corporate/plan_h/plan05.html) の場合、次のような設定になります。(2022/01/18現在)

個々の定義は ”鉛筆"マーク をクリックして次のような画面で行います。

(上の画面で、行を増やすには "+"マーク、行を削除するには ”ゴミ箱"マークをクリックします。)

それぞれ、主に赤枠部分の値を入力します。

(使用量、月、時間 それぞれについて、制限がない場合は、該当する From/Toの両方に '0' を設定してください。)

なお、料金プラン登録の際はエリア(一般電気事業者)を指定してください。

カスタムプランに関しての燃料調整費、再エネ賦課金は一般電気事業者(旧電力会社)のものを使用して料金計算を行います。個別の設定はできません。ご了承ください。

(追記)段階制の従量条件について

たとえば、次のような段階制料金は次のように定義してください。

 一段料金(~120kWh) 19.88 円

 二段料金(120~300kWh) 26.48 円

 三段料金(300kWh~) 30.57 円

段階制の従量条件は、他の条件(月・時間)が同じで、使用量が '0' で始まり、'0' で終了する、連続した条件である必要がありますので、ご注意ください。

回答が見つかりましたか?