例えば、東京電力エナジーパートナー様の

「6,000V 業務用季節別時間帯別電力 容量500kW未満」にあたるような料金プランの場合、

次のような設定になります。(2022/01/18現在)

個々の定義は ”鉛筆"マーク をクリックして次のような画面で行います。

(上の画面で、行を増やすには "+"マーク、行を削除するには ”ゴミ箱"マークをクリックします。)

それぞれ、主に赤枠部分の値を入力します。

なお、料金プラン登録の際はエリア(一般電気事業者)を指定してください。

また、カスタムプランに関しての燃料調整費、再エネ賦課金は一般電気事業者(旧電力会社)のものを使用して料金計算を行います。個別の設定はできません。ご注意ください。

回答が見つかりましたか?