以下の太陽光発電量算定方法をご参照ください。

①太陽光発電量予測式:「JIS C 8907:2005 太陽光発電システムの発電電力量推定方法」を参照。

以下の式より算出しています。

【計算式】Ep=K‘ × K × P × H ÷ G

・Ep:時間システム発電発電量(時間別の発電量)

・K‘:基本設計係数(JIS推奨値は「0.7562」。メーカー予測値を考慮した設定を別途行うことが可能。上限は0.99)
※エネがえるの初期値は0.76。必要に応じて詳細入力画面の太陽光のタブで変更可。

・K:温度補正係数(「最大出力温度係数」や「設置形態」によって算定)

・P:太陽電池アレイ出力(「モジュール出力」×「パネル枚数」または「出力値」。但し、最大値は「PCS出力値」)

・H:時間別傾斜日射量(「観測地点」「方位角」などから算出)

・G:標準試験条件における日射強度(1とします)

②日射量:時間別日射量はNEDOのMETPV11の水平面データ(平均年)を使用して時間別傾斜日射量を算出。過去20年間の観測データより、月単位で平均的な天候であった日照量単位を組み合わせて12ヶ月間のデータに構成されたデータで、時間ごとの天候変化が加味。全国837地点の観測データより選択。

③温度補正係数:最大出力温度係数は「結晶系」「化合物」「薄膜ハイブリッド」「アモルファス」の選択により係数決定。設置形態は「架台設置」「屋根置き」「建材一体」から係数決定。

④方位角・傾斜角:1度単位で設定が可能。

⑤設置面:同時に3面張りまで設定可能。

その他、エネがえる診断結果(レポートの見方)は以下マニュアルも併せてご参照ください。
https://enegaeru.box.com/s/dk6810rp1a1ecsktowjxrpqumh22jm7n

▼より高精度の太陽光発電シミュレーションをご要望の方へ
気象衛星・レーダ等の解析によって過去の雲の動きを反映し、任意地点でのシミュレーションが可能な太陽光発電シミュレーション機能を別途有償オプションにてご提供も可能です。
※ただしAPIサービスをご利用のお客様のみ

・5kmの空間解像度でデータを提供
・全国147,497地点での日射量データベース

詳しくは別途営業担当までご相談ください(info@enegaeru.com)

回答が見つかりましたか?