そういった会社は国内で数万社程あると思うので、その方たちにメインで使っていただきたいと思います。また、それらを取りまとめている商社や、製造元のメーカーにもご利用いただいています。実際にメーカーのシミュレーションツールの裏側でエネがえるが使われています。さらに、住宅メーカーや、ZEHビルダー・工務店・リフォーム会社のような省エネ志向の家を推進する住宅業界でも使っていただいています。つまり、太陽光・蓄電池の製造、販売、流通に携わる全ての方がエネがえるを活用するメリットがあると考えております。

回答が見つかりましたか?