エネがえるAPIサービスを使うと、貴社のWEBサイトやアプリなどの既存システムに組み込んだり、貴社オリジナルのUI・UX、画面フローにエネがえるを組み込むことが可能になります。

導入実績としては、大手通信事業者(新電力)の省エネアプリ用の計算システム、大手電力出資系新電力のWEB料金シミュレータ、大手太陽光・蓄電池メーカーの販社向け提案システムなどでAPIを提供しています。

電気料金プランシミュレーション用のAPIサービス、太陽光・蓄電池の経済効果シミュレーション用APIの2種類が人気です。また、HEMSメーカーや発電シミュレーション開発会社などから多くの引き合いをいただいています。

エネがえるAPIサービスの詳細はこちらの資料をご参照ください。

また、エネがえるAPIの実装、デザイン、Webサーバ周り、貴社独自機能をまるごとお任せいただけるパッケージを協力パートナーとともに商品開発しました。Webシミュレーター丸投げパッケージもぜひご活用ください。

導入のご相談やデモ、見積依頼など営業担当までご相談ください。
info@enegaeru.com 

回答が見つかりましたか?