以下のような新人や異業種から来た太陽光・蓄電池販売の方々もうまく活用していただき成果をあげられています。

誰でも簡単に使えるとは言うものの、以下のような特性でうまくいく、いかないの違いは出てくるなと感じております。これはエネがえるに限らず、あらゆるツールを使いこなすときの成功ポイントとも共通するかなと思います。

うまくいくタイプ

1)経験はなくても、太陽光・蓄電池業界や商品に関する勉強意欲が高い。

2)積極的にチャットやTELで質問してくる。好奇心や問題意識が高い。

3)自ら創意工夫したり、調べたり、提案先のお客様に興味を持ってツールを使う。

うまくいかないタイプ

1)そもそも太陽光・蓄電池の商品知識や業界知識を勉強しない。

2)あまり質問もしてこない。好奇心や問題意識が弱い。

3)やらされている。よって自分であまり調べない。提案先のお客様に興味がない。

回答が見つかりましたか?