診断の際に用いる基準月の算出方法を変更しました (2022/06/23)。

基準月は "詳細入力" の "電気使用量" タブ の推計結果として表示されています。

これまでは使用量の入力された月をもとに基準月を算出していましたが、

今後は常に、診断を実行した前月を基準月として、料金計算を行います。

(これまでの方法だと、診断実行当月の使用量を入力すると、それが昨年のデータとして扱わ

 れてしまい、すべての月の燃調費が1年前の燃調費で計算されてしまう問題がありました。)

なお、月毎に用いる燃料調整費・再エネ賦課金は基準月以前の同じ月のデータを個別に適用して料金計算しています。(月≦基準月の場合は同じ年、月>基準月の場合はひとつ前の年)

よろしくお願いいたします。

回答が見つかりましたか?