• スマホ対応(β)
    エネがえるASPがスマホで新規診断・保存できるようになりました。
    太陽光・蓄電池の経済効果をスマホで診断できます。
    詳しくはこちら:http://faq.enegaeru.com/ja/articles/6094781

  • 世帯名称と診断名称の診断レポート(PDF/Excel)への自動反映

    ・入力画面の「世帯名称」のテキストが出力レポートに自動反映されます。

    ・診断結果を保存する際の「診断名称」も同様に出力レポートに自動反映されます。

  • 蓄電池充放電時間帯設定など初期設定をユーザー毎にカスタマイズできる機能

    蓄電池の充電時間・放電時間を売電優先時/自家消費優先時それぞれ初期設定しておくと常に保存された設定でシミュレーションが可能になります。「個人設定」→「蓄電池のデフォルト設定」→「設定する」を押すと設定・保存ができます。

  • 管理者機能(Standardプラン以上)

→Standardプラン以上のお客様は管理者機能(企業設定/グループ設定)を利用できます。管理者機能でできることは以下です。
①ユーザー及びグループの追加・編集・削除
②グループごとの権限設定(部署単位/ユーザー単位で提案できるメーカーや電力会社を設定)
③提案できる蓄電池メーカーおよび製品の設定
④提案できるエコキュートメーカーおよび製品の設定
⑤提案できる電力会社および電気料金プランの設定

管理者機能により、自社が取り扱う製品や電気料金プランに制限して営業担当者にシミュレーションさせることが可能となります。

【企業管理者向け】企業管理者向けに 指定期間の診断実行およびレポート出力回数を集計する機能の提供を開始しました。Standardプラン以上で「企業管理ユーザー」の方は、左メニューの「各種照会(β)」からご利用いただけます。

  • オール電化シミュレーション

→これまで給湯の沸き上げ時間が固定となっていましたが、売電優先/自家消費優先のモード別に変更しました。(自家消費優先の場合、太陽光発電を沸き上げに使用し、不足分を系統電力で補います)

  • PDFレポートのダウンロード機能

→ご要望の多かったPDFレポートのダウンロード機能をリリースしました。内容は Excelレポートと同じものとなります。このリリースによりお客様は、PDFもExcelも両方診断レポートをダウンロードできるようになります。

  • Excelレポートのダウンロード機能

→ご要望の多かったExcelレポートのダウンロード機能をリリースしました。診断レポート最下部の「レポートをダウンロード」にて実行ください。このリリースによりお客様は、PDFもExcelも両方診断レポートをダウンロードできるようになります。

  • エネがえるへの機能追加・改善要望などフィードバックをいただけますでしょうか?

→ご意見・ご要望がございましたら、ぜひこちらにフィードバックをお願いいたします。https://form.run/@enegaeru-feedback

◆開発状況

エネがえるではいただいたご要望に対して開発状況をユーザーの方に公開していく予定です。

産業用自家消費型太陽光・蓄電池シミュレーター「エネがえるBiz」をも22年4月1日から正式リリースが開始されました。

回答が見つかりましたか?