1つのB2B SaaSのプロダクトで2つ特許を持っているのは国内でも珍しいと思います。1つは、1ヶ月分の消費電力量の実績データをもとに、1年間の各家庭の消費電力量を予測するという特許です。もう1つは、その消費電力量から最適な電気料金プランを選定するという特許です。

エネがえるでは、本特許を活用した高精度なシミュレーション開発や、スマートメーター(Bルート/Cルート)やCTセンサーから得られる電気消費量データと連携したエネルギー事業者向けの節電アプリや蓄電池向けサービス等を開発しております(時間帯別電気消費量1ヶ月分から年間の時間別電気消費量を推計して使いすぎアラート、蓄電池等から得られる電気消費量と連携して最適な電気料金プラン診断・提案など)

回答が見つかりましたか?