エネがえるでは2021年春までMETPV-11(旧データ)を参照していましたが2021年夏より最新版データのMET-PV20の日射量データを参照するようにバージョンアップしています。


METPV-20 とは?統計期間 2010 年~2018 年の全国 835 地点における平均年、多照年、寡 照年の毎時の推定値を収録したNEDOが提供するデータベースです。気象庁が日射量を観測している地点は約 50 カ所ですので、観測を行っていない地点は日本気象協会が開発した「日照時間等から全天日射量 を推定するモデル」を用いて日射量を算出・推定しています。


NEDO METPV-20の詳細(解説書)https://www.nedo.go.jp/content/100930737.pdf

※過去に使っていたNEDOのMETPV-11の詳細はこちらをご参照ください。
https://www.nedo.go.jp/library/nissharyou.html

【より高精度の日射量DB・発電量予測をお求めの方へ】

※NEDO METPV-20よりも最新かつ粒度の細かな日射量DBや発電量予測をお求めの方へ

・エネがえるとは別途個別有償サービスとして、独自の衛星気象データ解析による日射量DB 全国15万地点も提供しております。より高精度な日射量・発電量の過去実績データや予測サービスをAPIサービスで大手蓄電池メーカー等(産業用自家消費シミュレーションや各種最適制御向け)に提供しております。ご興味ある方は別途個別にご相談ください。(info@enegaeru.com)


→家庭用太陽光・蓄電池シミュレーターのエネがえるには、より汎用的、ローコストで皆様に提供できるよう幅広くメーカーや大手事業者でも活用されているNEDO METPV20データを活用、ご提供しております。

回答が見つかりましたか?