Standardプラン以降では従来より、企業管理者の場合、"企業設定" の中の "グループ" 設定で、グループごとに次のような設定ができます。

  • 表示する蓄電池の制限

  • 表示するエコキュート機器の制限

  • (料金比較で)表示する電気事業者の制限

  • データアクセス範囲(自分のデータのみ/グループ内データ/企業内全データ)

ところが、グループの数が増えてくると企業管理者がすべてのグループの設定を行うのは大変になってきます。そこで、グループごとにグループ管理者に指定されたユーザーがこの設定を行えるようにしました。また、同時に自分のグループ内のユーザーの新規登録・更新・削除も行えます。

ユーザーの新規登録・更新の際、そのグループIDが 30以降(貴社で追加したものには 30以降のIDが割り当てられます)の場合、入力に "グループ管理者" のチェックマークが追加されます(初期値はOFF)。ここにチェックをするとそのユーザーはそのグループの管理者となります。

なお、グループ管理者はユーザー一覧では次のようにグループIDの後ろに "-A" が追加されて表示されます。(Administrator の A)

グループ管理者として設定されたユーザーはログインすると左のメニューに "グループ設定" が追加されます。(自身のグループの情報のみ変更でき(グループ名の変更は不可)、グループの新規登録・削除 等はできません。)

また、ユーザー一覧ではそのグループのユーザーのみ表示され、追加・更新・削除が可能です。

(企業管理者と違い、グループIDを指定することはできません。)

なお、グループ管理者の指定を行わなければ、これまでどおりの運用となります。

貴社の方針にあわせてご活用ください。

注)権限を変更したユーザーは一旦ログアウトして、再ログインしていただく必要があります。

回答が見つかりましたか?