●エネがえるBizのAPIサービス仕様書
以下オンライン仕様書をご参照ください。
https://www-biz.enegaeru.com/apidoc/api-general.html

また、以前より提供しているエネがえるV4 API(主に家庭・低圧用を想定)や、エネがえるAI Sense(電力消費量データと連携など動的なアプリケーション開発や最適制御などを想定)もあわせてご検討くださいませ。

●エネがえるV4 APIサービス仕様

https://www-v4.enegaeru.com/apidoc/index.html

機能一覧

https://www-v4.enegaeru.com/apidoc/api-general.html

●エネがえるAI Senseサービス仕様

https://www-v4.enegaeru.com/apidocSense/api-docu.html

以下は、エネがえるV4とBizの仕様の違いとなります。
家庭用か産業用かというよりも、開発したいアプリケーションの目的や利用シーンに合わせてご活用ください。

おおまかには、V4 APIはエネがえるが用意している各種のテンプレートを使って、より簡単にシミュレーションする場合、Biz APIはより自由な設定でシミュレーションを行う場合に向いていmす。またエネがえるAI Senseは、貴社及び貴社顧客の設備やCTセンサ、Bルートなどから取得される電力消費量データや貴社サーバと連携した動的なシミュレーションや気象予測・警報やJEPX価格をトリガーにした最適制御をする場合に最適なAPIとなります。



あわせて営業担当までご相談(info@enegaeru.com)ください。

回答が見つかりましたか?