以下のような方法で、比較結果がでてこない、比較結果が思い通りにならない、などのUXが改善した事例があります。        


・現在の契約として、深夜料金プランが設定できてしまうので間引く    
・現在の契約として、アンケートや契約容量の指定方法によってアンマッチとなる料金プランは事前に間引く    
・旧電力事業者コードを返却しているので旧電力管内での絞り込みを検討する    
・比較できなかった場合(アンマッチ時)におすすめのプランへの動線を用意する  

回答が見つかりましたか?