以前の古いバージョンは5分かかっておりましたが、1/10の圧倒的速さで診断できるよう独自の診断アルゴリズムと技術開発により実現いたしました。

回答が見つかりましたか?